スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

宜野座村へ行きまして

宜野座村へ行きました 久々のドライブぅぅ
画像 3512
↑ はい ! 宜野座の海☆
お昼は 未来の宜野座で見つけたこれ
画像 3522
画像 3520
でっかいでしょ ちょっと甘すぎたサンドでした・・・・
一緒にこれも
画像 3521
↑ サンドと同じお店にあったメンチカツ デカッ
宜野座へ来た目的は・・・
画像 3513
博物館ーーー 名護市立博物館はちょこちょこ行ってますデス☆
ここのパンフレットを入手して見ていたショウゴ 見てみたい気になるところがあるから見たいと言うのでやってきました
見たかったのは
画像 3514
懐中電灯で照らして中を見るもの 戦争時の壕の中のようす 遺骨が とか 遺体が とか解説が流れてましたよ
ショウゴは真剣に懐中電灯片手にしばし見ていました
それから気になっていたのはこれ
画像 3518
宜野座の地図 ボタンを押すと地図にその場所が点灯して解説が流れます 受話器(昭和な受話器・・・)を耳にして聞いてますけど普通に解説は流れます 聴こえずらい人はこの受話器だととってもよく聴こえます
画像 3515
そしてなんとも懐かしい・・・
画像 3516
真ん中のパンダのお弁当箱 ワタシ幼稚園の時(かなーり昔の話ですが・・・)これの三匹のこぶたの柄のお弁当箱使ってました これ見て思い出した 昔の記憶もひょんなことから蘇るものですねぇ 懐かしい懐かしい♪
もひとつ思わず懐かしいーと言ったのは
画像 3517
おぉぉぉ 懐かしきかな中学時代 
館内撮影は?と伺ったところ 快い OK をいただきましたので懐かしいものをたくさん撮ってたワタシでした

画像 3519

ショウゴと一緒じゃなかったら博物館に足を運ぶことはなかっただろうなぁ って青い空を見ながら思いました

帰り道 新しく開通した道路を通ったら わんさか大浦パークの近くに出ました ので ちょっと一休み
車に戻ろうとしたら駐車場から手を振っている人 ああぁぁぁ こんなところでバッタリ いつも仲良くしてくださるかたと奥様 嬉しいビックリバッタリ出会いに大喜びのショウゴなのでした☆ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト
2011年03日 息子 こめんと4 とらっくばっく0
  

こめんと

ふみこ
yuyuhayaさんへ

金属のお弁当箱をストーブの近くに置いて温めてお弁当を食べた記憶があります かれこれ何十年も前の話だけど(笑)
yuyuhayaさんもうすっかり元気に回復されたようでよかったですくれぐれも無理しないようにしてくださいね☆(コメントもしないでごめんなさいね・・・)
2011.07.07 17:16
yuyuhaya
三匹のこぶた。
もしや「ブーフーウー」かな?
私もお弁当箱持ってましたよ!!
プラスティックだったけど。
2011.07.05 21:06
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.04 10:15
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.04 02:08

こめんとの投稿

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっく

trackbackURL:http://furalu.blog37.fc2.com/tb.php/727-7b7c9a42

管理者より皆様へ

このブログに訪れていただきありがとうございます 気持ち良く読んでいただけるよう気をつけてはおりますがなにぶん素人のため・・・ 何かお気づきの所がございましたら遠慮なくご連絡くださいませ  コメント欄から「管理者のみ表示」をチェックしてコメントを入れていただければ秘密のコメントとして私のところに届きます。 皆様とのつながりを大切に考えております ご利用くださいませ♪    

プロフィール

ふみこ

Author:ふみこ
病後後遺症で障がいのある息子「祥」と沖縄・名護市で暮らし始めました(2009.4) 海がある山がある そんな素敵な環境の中で日々繰り広げられる祥との暮らしを綴っていこうと思います どうぞよろしく♪

FC2カウンター

つながって輪になりましょ♪

リンクでつながっていきましょう! リンク後ご一報くださいませ 相互のリンクでつながって輪になりましょ♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。